人気ブログランキング |

<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

夕陽と虹

a0249049_22561557.jpg

暖かい飲み物が美味しい季節になりました。

お気に入りの緑のカップにカフェオレを淹れてよく飲みます。

お茶やコーヒーなど、飲み物をゆっくり飲む時間が私は好きです。



もともと、キビキビと素早く動く事が苦手なので、基本のんびりとしています。

昔、『コアラに似てる』と言われた事があった様な気がします。


一日中木の上で過ごして、同じ姿勢でハムハムと葉を食べ寝ている、コアラです。

でも、確かコアラってユーカリの毒を上手く消化させる為に寝ているとか聞いた様な気がします。




動物と言えば・・・


私はあまり動物大好きという感じではないですが、友人の犬に好かれたり、人見知りする猫に好かれたりします。

私は鳥が苦手なのですが、高校生の時に友人の家に遊びに行ったら、友人の家に居たインコが、部屋に沢山の人が居るにも関わらす、私の頭に飛んで来て、私は硬直しました。


ムツゴロウさん的な気質があるのでしょうか・・・??

にも関わらず、決して進んで動物を買おうという気持ちにはなりません。

何故かわかりませんが・・・。






話は変わり、昨日の夜、地元のカレー屋さんに夜ご飯を食べに行きました。

先週も京都でランチにカレーを食べ、今週もカレーです。

嫌でもインドを感じてしまいます。



日本家屋のカレー屋さんで、靴を脱いで畳に座り、カレーを食べます。

かつて、カレーが辛いと言ってキレたロック歌手さんもいたらしいですが、そこのお店のカレーは程良い辛さで本当に美味しかったです。



そして、今日、用事で市内に行き、その帰りに友人がしている和カフェに行きました。

そこも靴を脱いでお店にお邪魔するスタイルでした。



そこで美味しいコーヒーを頂いたのですが、窓からふんわりと黄色いスパイスの香りが漂って来ました。

その和カフェの下がカレー屋さんだったらしく、またもやカレーでした。




カレーのみならず、香りと言うものはとても脳を刺激するものだと思います。

コーヒーも香りが良いです。

紅茶も。




私が一番好きな香りは、雨上がりの香りです。

土と緑の香りが空に昇っている様な感じです。

雨粒が空から落ちて来る事の逆な感じで、地面から空に向かって行く粒が見える様です。



昨日、夜ご飯に行く前に、雨がドカンとふりました。

そのあと小降りになったかなと窓の側に行くと窓が赤紫色になっていて、驚き、素早く窓を開けました。


すると、空一面が赤紫色をしていて、綺麗だけれど怖い印象を受けました。

でもさらに驚いた事に、その赤紫色の空に虹がかかっていて、その虹が金色を帯びて見えました。


こんな空、見た事ない!!と思いました。

カメラを向けましたが、上手く撮れませんでした。



幼い清らかな子供が魔物の吹く笛を聴いてしまった様な、どうしても避けられない運命の輪を見た様な感じがしましたが、救いの光の矢が飛んだ様な弧を描く虹がどんな所にも届くような感じがして、大きな希望を感じ、私はとても胸が高鳴りました。


私自身、人に面と向かって思っている事を上手く言えない性質なのですが、そういう性質の不具合は何かの帳尻合わせな気がします。

それぞれがその人らしい像を見る眼を作ってくれている気がします。



何年かかっても、どんなに回り道をしても、その像の出来上がりを待ちわびている存在が居る気がしてなりません。



死ぬ間際に出来上がって、たまたま通りがかった人とかが

『あ、これいいじゃん』

とその像を見付けてくれるかもしれません。



そんな瞬間を心は求めている様な気がします。




だから、自分を諦める必要はないのだと、思わせてくれる夕陽と虹でした。
by matsu-komichi | 2012-10-20 00:37

旅の気分

a0249049_2021592.jpg

ハーブの講座を受けに京都に行って来ました。

以前、アロマオイルを買いに行ったお店です。



私は頭痛持ちなので、頭が痛くなると市販の頭痛薬を飲んでいましたが、ハーブを家でも育てているので、ハーブの力に興味を持ちました。


京都の北にあるそのお店は住宅街の中にあるお店で、お店の中に入ると明るい色調の洋風のお部屋ですが、森といった感じの印象を受けます。

ケルトの森の小さな小屋といった感じの印象で、アロマの瓶が沢山並び、ハーブのオイルやお茶や、香りに関する本が並んでいます。

そこで、頭痛緩和のハーブ講座というものが受けられるとの事で、受けて来ました。



痛みを感じるとすぐに 『薬、薬・・・』 と薬に手が伸びますが、痛みが何故起きるのか?また痛みは体のSOSのサインなのだと言う事、それらを詳しく教えて頂きました。


よしもとばななさんの薬草に詳しいおばあちゃんと暮らす女の子の話【王国】や、梨木香歩さんの【西の魔女が死んだ】という本を読んでいたので、ハーブは面白いとずっと思っていました。


昔、ある方に 『食べられる草や命を守る自然の恵みについて、現代の人は知らないといけない。昔の人の話を聞く耳を持つ事』と言われた事がありました。

最先端な医療開発の発見も最近ありました。

そういう医療と並行して、植物の力もこれからは大事になって行く気がします。



ハーブ講座をして下さった方は

『お茶を飲む時も五感を使って飲むと良い、と私は教わったんですよ』

と仰っていて、なるほどと思いました。



一杯のお茶を煎れる時、白い湯気がゆらゆら出て、香りが立ちのぼり、気持ちをほぐしてくれます。

お茶の葉は何処の国のどんな人が摘み、どれだけの距離を移動して来たのか?とか、香りが記憶を呼び覚まして、あの時、あの場所で、こんな気持ちで同じお茶を飲んでいたとか、いろいろ感覚を刺激するものです。

あるいは、ほっと一息ついて、煮詰まった頭を緩めてくれます。

味わう暇もないくらい忙しい暮らしをしているストレス大国日本ですが、お茶一杯の効果を知らないでいるのはなんてもったいないのか!?と思いました。




ハーブ講座では、お手製のジンジャーエールを御馳走になり、講座をうけました。

そのジンジャーエールの美味しい事 !!

私はジンジャーエールはお酒だと思っていたのですが、甘くて生姜の効いた美味しい飲み物でした。



頭痛に効くハーブの話が終わると、ハーブチンキというものを作りました。

ハーブをアルコールに何日か漬けて、ハーブの成分を液体にして、薄めて飲んだりルームスプレーにして使用するみたいです。



透明なアルコールにハーブを入れましたが、成分が出て来ると茶褐色になりました。
a0249049_21184066.jpg


この瓶を見ているだけでも何故か心が落ち着きます。


普段植物の絵を描いていますが、その植物にはいろんな力があるんだなと、改めて植物を尊敬してしまいました。




それから、ハーブ講座の先生と、先生のご姉妹の方と、これまたハーブ繋がりのカレー屋さんでランチを食べました。

辛過ぎるモノは苦手ですが、基本的に私は香る食材が好きなので、カレーも大好きです。

楽しいお喋りをしながら美味しいカレーを食べました。


その次に、ランチをご一緒させて頂いたハーブの先生のご姉妹のお姉様がなんとタロット占い師さんで、タロットカードをして頂き、ある迷いを取り除いて頂きました。

良い船出が出来そうです。





そして、その後、こないだのグループ展で仲良くなった人と合流して、これまたグループ展で仲良くなった方のバーに行きました。

(ハーブ講座ではお酒の飲み過ぎも頭痛の原因、と教えて頂いたので、ハーブの先生にはこれから飲みに行くとは言えず・・・)

とりあえず飲み過ぎには注意しようと思いました。



ケルトの森から、インドへ行き、その夜に行き着いたバーは沖縄でした。

沖縄風な雰囲気のあるバーで、奄美の焼酎を飲み、女子3人で語り、とても楽しい一日がお酒に溶けて行くようでした。

沖縄風バーで、北海道のアイヌ魂にも出会え、私は本当に出会いに恵まれているなと思いました。

自分の生まれた土地の文化を愛する人や、心の故郷を大事にする人達。

綺麗な心を持った人があちこちに居るのだと気付きました。




みんな、最近出会った人達です。

去年の末から今年にかけて、ものすごく行動範囲が広がり、いろんな人に出会いました。

何度も書いていますが、今年から、ずーっとずーっと苦しくても続けて来た絵を表に出すようになった事、これがこの変化だと、思えます。


絵を出さないでいた時の自分は、心のどこかで、人を羨んだり妬んだりしていました。

自分は仕事と制作の狭間でキリキリしているのに、どうして周りの人は・・・とずっと思っていました。



自分の心をまず先に解放してあげないと、自分ではなく他者に攻撃の矛先が向くという、最悪な自分も経験して、やっと今があります。



したかった事をするようになって、本当に面白い出来事や人に沢山出会えています。




一日、世界各国を旅した様な気分でした。
by matsu-komichi | 2012-10-12 22:12

お引っ越し

a0249049_1956111.jpg

昨日、スマホで写真ナシのブログを書いていたのですが、いろいろ訂正していたら、記事が消えてしまいました・・・。

なので、写真アリで、もう一度記事を書こうと思いました。



上の写真は、倉庫のドア付近の写真です。

作業場として使っていましたが、倉庫がたちのきになるので、引っ越しの様なかたずけに追われています。



要らないものは片っ端から捨てています。

思い返せば、この倉庫を借りる時らへん、母がクモ膜下出血で倒れ、1ヵ月半入院したりしました。


それまで、私は密かに一人暮らしをしようかと思っていました。

でも、母の突然の病に、気が変わりました。



夜の10時から朝6時まで、母は頭の手術を受けました。

その間、父や兄は病院のロビーのベンチで寝ていましたが、私は一睡もしませんでした。

ずっと 『まだ向こうには行かないで!!』 と心で叫んでいました。

その時、家族と一緒に居られる時間は限られているのだと思い、もし手術が成功したら、私はお嫁に行くまで家族の側に居たいと強く思いました。


手術は成功したので、今も実家暮らしです。

昔は『こうあるべきだ』とか『これはこうでないと』と変に頭堅く生きていましたが、今は『今いる所で精一杯暮らして居たら良い』と思います。


そんな事をつらつら考えたり、思い出したりしながらの倉庫のかたずけなので、一向にはかどりません・・・。

それに、この倉庫でいろんな時間を過ごしてきたので、思い出が在り過ぎて、寂しくなります。

一生忘れる事はない出来事が幾つかあり、家族に見られまいと隠れるようにしてこの倉庫で一人泣いた事が何度あったか・・・。



仕事を頑張れば頑張るほど、ストレスが溜り病気になるし、手狭な自分の部屋では思う様な制作はもう無理だと限界を感じていた時、偶然に倉庫の話が来て、伯父が昔大工さんだったので倉庫を一部改造してくれると言い、私は伯父の手伝いを喜んでしました。

木の骨組みの釘打ち、ベニヤ張り、などと、伯父は黙々と作業し、私には軽く手順を言い、いろいろ私にも仕事を振ってくれました。

その伯父の作業の綺麗な事。

一切の無駄がなく、ぴったりと木がはめ込まれて行くし、釘がとてもテンポよくリズミカルに打たれて行きました。
(見惚れていて、釘打ちを何度失敗したことか・・・)

天井の壁打ちが一番難しかったです。


部屋が出来上がると、壁紙は自分で張ったりしました。

初めは皺が寄ったりしましたが、終わり頃には綺麗に張るコツを覚えていました。

大工仕事はとても楽しかったです。



そんな手作りの作業場だったので、取り壊されるのがやはり辛く、かたずけの手も止まるのです。





かたずけをしていたら、大学院時代に描いていた絵がありました。

大学から持って帰る時に梱包材を巻いて保管していたので、梱包材が表面に所どころ付いていて作品とは言えないですが・・・

a0249049_20413216.jpg

a0249049_20415350.jpg

昔の作品を見ていると、昔の気持ちが鮮やかに蘇り切なくなります。

そして、今の自分の作品の軸になる原点の様な作品もありました。
a0249049_20434732.jpg

三つで一つの作品、三副対です。

不思議です・・・。


これを描いていたいた時は三副対について何も知らなかったし、そんな事を意識すらしていなかったのに。

過去から現在に繋がるものがあったのです。




なかなか掃除も良いもんだな、と思えるようになった頃にお腹がすき、今日の掃除は終了です。



次の作業場に果たして移れる事が出来るのか?全く見当も付かないですが、今年から自分の周りが賑やかになり、いろんな人や出来事に出会えているので、不思議とまた何か良いタイミングで何か起こる様な気がしています。

a0249049_20525418.jpg

よく、作業場の作業着を着て、ホームセンターに行くと、スッピン・ザンバラ髪、絵の具まみれの私を見て工具売り場にいるオジサン達は『おおッ』とやや驚いていたのを思い出します。


しかし、この作業着を着て、絵を描く時間が三度の飯より好きなのです。

底なし沼の様で、荒野を一人歩く様で、絵を描く事は、私は怖いものだと思います。

でも、リベンジで生まれたからには、止める訳にはいかないのです。



何処かで、私の絵を見て、静かに二ヤリとする人がいるだろうし、今を生きている人に今の私を見てもらいたい。


糸と糸が出会うと、幾通りもの絵が出来上がります。





見る事、作る事はデタラメな私でも生かしめてくれています。
by matsu-komichi | 2012-10-08 21:20 | 美術

鐘の音

a0249049_22491512.jpg


【 鐘 】 という字を書いてみました。

・・・ですがやはり習字も習っていないので、素人に篆書は難しいです・・・。


でも、柿食えば鐘が鳴るなり・・・という事もあって、秋の食べ物を食べたので、鐘が浮かびました。

鐘という字は、なんだか、お寺の和尚さんが大きな鐘をつこうとしている様に見えて、面白いです。





鐘は鐘でも、西洋の鐘というと、リストのカンパネラを思い出します。

カンパネラはイタリア語で【鐘】と言う意味らしいです。


リストというと、フィギュアスケートで昨シーズン華麗な滑りを見せてくれた A 選手 の使った曲 『愛の夢』 などが有名です。


そのリストのカンパネラが頭に響きます。


教会の鐘が色付く木々の葉を揺らす様でもあるし、何か急展開を告げる使者が現れて風が巻きあがる様な、私にとって秋を思わせるピアノ曲です。




ハリーポッターのDVDも何故か観たくなります。

ハリーポッターの映画に出て来る魔法学校の、生徒達がみんなで食事をしたり集会をする大きな部屋のシーンが浮かびます。

部屋の天空にキャンドルが何本も灯されていて、とても綺麗なシーンです。





秋は紅葉も綺麗です。

紅葉の時期に近所の公園に行くと、私は人目も気にせず、観察魔に徹します。

そんな時、公園で私を見かけて声をかけても私は反応しないでしょう。





今年は近所の公園にも行きますが、京都の紅葉も見に行こうと思います。

展覧会をよく京都でするようになって、なんだか京都と私の距離が近くなった様な気がします。


もみじ狩りというやつをしようと思います。

(20代の頃、もみじ狩りはもみじを取って天ぷらとかにするものだと思っていました。大阪の箕面では実際にもみじ天ぷらがあるので・・・。)




秋は何故か元気になります。

実りの秋でもあるし、無事に季節を過ごせている事をその土地その土地の神様に皆それぞれが感謝している事を感じるので、思いが空気の中に溶け込んで大きなものと一体化しているような気になります。




住まわせてもらっている事や、綺麗なモノを見させてもらっている事を有り難く思います。
by matsu-komichi | 2012-10-03 00:12


『コミチ ピクトゥーラ』 油絵・写真・音楽・自然観察を楽しみながら日記のようなものを書いています。


by matsu-komichi

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
ブログ
写真
音楽
美術
裁縫
料理
未分類

以前の記事

2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

フォロー中のブログ

Mimosa Garde...
タルラタンタンの銅版画日記☆
二人乗り

注意事項

komichi-pictura ブログの文章、写真、等を無断で使用する事を禁じます。

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

最新の記事

お詫び
at 2013-09-12 17:45
秋の声
at 2013-09-10 21:40
メッセージ
at 2013-09-06 18:55
名残
at 2013-08-28 21:45
もがく事、磨く事
at 2013-08-24 00:04

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧