怒りの矛先

a0249049_16469.jpg

菩提樹のあるお寺の建物に使われている木はとても木目が綺麗でした。

いろんな人に廊下は踏まれて、それで木目が浮き上がって来たのでしょうか?




今日は 怒り について考えさせられる日でした。

『溜め込まずに怒る時は怒った方が良い』

とはよく言いますが、しょっちゅうイライラして怒っている人もいるものです。



怒りを言いやすい人を選んで、その人が何も言わずただ受けとめてくれるので、思いっきり言葉を投げつけて行きます。

私の両親は、商売人なので、いつも、そんな人がいるとただただ受けとめて頭を下げています。

明らかに理不尽な事を言われてても、自分が感情的になるとさらに相手の怒りが増し違う人にも被害が及ぶので、よく我慢しています。

ま、商売人はそれが当たり前なのだと思いますが、親子というカテゴリーから外して見ても、両親は他の商売人さんより、冷静だなぁとよく思います。


そんな時いつも、

『凄いなぁ・・・』

と思います。



今日も、母に向かって怒りを爆発させていた人がいました。

明らかにこれは八つ当たりだなぁ・・・と聞いていて思いました。


何か自分では出来ない事があり、母はそれが出来る為、母に感情をぶつけているなぁと思いました。





イライラして怒る人は、大抵、別な何かを負担に思っていて、あたる相手とは別件なのに、ごちゃまぜにしているなぁとよく思います。

怒られる程悪い事はしていないのに、いつも冷静な人が受けとめる、という場面をよく見ます。


怒りの原因は、深層心理の中にあるのです。

その問題をほったらかしにしているから、誰かにあたってしまうのだと思います。



人間はみんな出来そこないだから、黒い感情も持っていて当たり前です。

妬み、そねみ、恨みつらみ・・・その黒い感情を呼び起こす核を一人一人が見ないといけないのだと思います。



人が人をコントロールするなんて出来ないものです。

自分の本当の心も知らないのに・・・。



目に見えている他人は、実は自分の姿かもしれません。



生きて行く事は、自分を知る為の旅な気がします。

【自分】というもの、それは極狭い意味での個人的な自分と言う訳ではなく、自我や超自我の役割を知る事に繋がっていると思います。



お寺で座り空気と一体化する事と、日々自分に起きる日常生活は同じな気がしてなりません。
[PR]
by matsu-komichi | 2013-06-19 01:58


『コミチ ピクトゥーラ』 油絵・写真・音楽・自然観察を楽しみながら日記のようなものを書いています。


by matsu-komichi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
ブログ
写真
音楽
美術
裁縫
料理
未分類

以前の記事

2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

フォロー中のブログ

Mimosa Garde...
タルラタンタンの銅版画日記☆
二人乗り

注意事項

komichi-pictura ブログの文章、写真、等を無断で使用する事を禁じます。

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

最新の記事

お詫び
at 2013-09-12 17:45
秋の声
at 2013-09-10 21:40
メッセージ
at 2013-09-06 18:55
名残
at 2013-08-28 21:45
もがく事、磨く事
at 2013-08-24 00:04

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧