抱負

またまた珍しく写真なしの記事です。



『誰かにとって生きる力が、誰かにとってはちっぽけなもの』

というテレビのドラマの台詞がありました。



最近、こんな感じでふと見聞きする言葉が腹の奥にズシンときます。



学生だった頃、人は自分とは違うのだからなるべく誰にでも合わせられるようになろうと、実習室のテラスで街灯りを見ながら思った事がありました。

いくら自分の事を話しても人から来る反応はキツイもので、少し人が嫌になった時がありました。
苦手な人や私が一番嫌いな事を話す人とどう接したら良いか解らず、ボンヤリ景色を眺めていたら、相手に合わせれば良いとふと頭に浮かびました。

投げやりな感じではなく、相手のやり方でその相手に向かうという感じです。
これは以外に上手く行きました。

それとか、自分の意思は押し込めて、まず苦手な人に自分から積極的に関わりました。

帰りの電車の中では、

『何故こんなに骨の折れる事をしてるのか?』

とよく自問自答していました。



でもそのお陰で、自分が苦手な人が何故ヘンテコな行動を取ったり発言するかがわかるようになり、骨が折れる事でもしてみるものだなと思いました。




自分の生きる力が、誰かにとってはちっぽけなもの。

その当時、ものすごくそれを私は感じていたのだと、思いました。


でも人に自分の考えをちっぽけだと言われても、消えないし無くならないのだから不思議です。

自分とは違う考えの人を嫌いになる事はないですが、出会う人出会う人にちっぽけだと言われても、どうしても自分の中にあるモノは動じないのです。

それを探ってみたり、何故こんなに自分が強く思う事があるのか!?と考えて行くと、人には見えない自分の契約書みたいなのがあったりするのです。


私はその契約書を生まれる時に掴んで来たのだと考えると、静な気持ちになり孤独を感じ、清らかな音が聞こえて来そうな気がします。

瞬間、瞬間、人は引き裂かれて生きる。

と岡本太郎さんは言ってました。



ちっぽけなものでも、自分の生きる力になるもの。

言葉の配置を変えると意味合いが違って来ます。


人と、そのちっぽけなものの比べあいなんかせずに、ニッコリ笑って行きたいなと、
遅ればせながら新年の抱負を考えてみました。
[PR]
by matsu-komichi | 2013-01-27 03:00


『コミチ ピクトゥーラ』 油絵・写真・音楽・自然観察を楽しみながら日記のようなものを書いています。


by matsu-komichi

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
ブログ
写真
音楽
美術
裁縫
料理
未分類

以前の記事

2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

フォロー中のブログ

Mimosa Garde...
タルラタンタンの銅版画日記☆
二人乗り

注意事項

komichi-pictura ブログの文章、写真、等を無断で使用する事を禁じます。

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

最新の記事

お詫び
at 2013-09-12 17:45
秋の声
at 2013-09-10 21:40
メッセージ
at 2013-09-06 18:55
名残
at 2013-08-28 21:45
もがく事、磨く事
at 2013-08-24 00:04

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧