引き返せない旅

a0249049_17445920.jpg

サルスベリの木です。

地元の、サルスベリの並木道を通り、すこし買い物に行きました。

サルスベリは真夏にピンクや白の細かい花を咲かせます。

並木道いっぱいに伸ばされた枝に付いた花はアーチ状に並びます。

私は、それを サルスベリの門 と密かに名付けています。

暑い暑~い夏に現れる、期間限定のゲートです。

何か、とてつもなく惨い現場を見てきた者や、何年も手かせ足かせを付けて来たものだけが通れるゲートのような感じがします。




さっき、父の友人から父に電話があり、病気の辛さを訴えて来たと言う事で、父と母は、友人の住む滋賀へ向かいました。

『泣き事の電話なんかしてくんなよ・・・』

と父は言ってましたが、すぐに車を出して滋賀に向かう所を見ると、やはり父も友人が大事なんだと思いました。



私も泣き事を言いたくなる時があります。

(否、既に言っている気がしますが・・・)

目に爆弾抱えているし、精神的な問題で不安になる事が多いからです。




今日、サルスベリの木を見て、

『引き返せない旅を人は皆しているんだ』

と思いました。


毎日毎日、自分で選択項の中から一つの道を選び、また枝別れした道で一つの方向を選ぶ。

泣く、笑う、怒る、喋る、喜ぶ、好きになる、嫌いになる・・・・・。

間違っていたとしても、自分に成る為に必死に物事を選んでいて、失敗しても何処かに繋がる糸を見付ける。



泣き事を言う父の友人を、私は素直な人だと思いました。




何故か絵画制作のプロセスに似ていて、心の中には父の友人の姿でいっぱいになりました。


心の中にある出来事や人がこれでもか ! と言うくらい出て来る時があります。

心はどれだけのものを受け止め、どれだけの辛さに耐えられるのか ?



不謹慎かもしれないけれど、私は泣き事を言う父の友人が羨ましく思いました。

その父の友人には、電話をしたら、飛んで来てくれる父の様な人がいるのだから。


そして、そんな父の様な態度を、数年前にする事が出来なかった自分が情けなくて、自分を責めてしまう気持ちや喪失感が消えなくて、黒い塊になっている事を感じます。



a0249049_1746711.jpg

立ち葵の花を見付けました。

『今、連絡を取りたい人は誰 ? 会いたい人は誰 ?』

と花に言われた気がしました。



引き返せない旅なのだから、今出来る事を、泥臭くてもしてみたいです。

『あんな醜態、恥ずかしいわよ・・・』

とか、

『あんな事して何になるの ? デリカシー無さ過ぎよ』

とか言われても、自分のしたい事、言いたい事を言う方を選びたいものです。
[PR]
by matsu-komichi | 2012-06-03 18:39 | 写真


『コミチ ピクトゥーラ』 油絵・写真・音楽・自然観察を楽しみながら日記のようなものを書いています。


by matsu-komichi

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
ブログ
写真
音楽
美術
裁縫
料理
未分類

以前の記事

2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

フォロー中のブログ

Mimosa Garde...
タルラタンタンの銅版画日記☆
二人乗り

注意事項

komichi-pictura ブログの文章、写真、等を無断で使用する事を禁じます。

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

最新の記事

お詫び
at 2013-09-12 17:45
秋の声
at 2013-09-10 21:40
メッセージ
at 2013-09-06 18:55
名残
at 2013-08-28 21:45
もがく事、磨く事
at 2013-08-24 00:04

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧