字と絵

a0249049_23511241.jpg

木版制作がやっと峠を越しました。

越した峠から、夜明けが見えた様な気がします。

(大袈裟ですが・・・)




絵具の筆でそんな気持ちを書いてみました。


しかし、私の毛筆は何故か味けないです・・・





小学校高学年の頃、私の学校は書道の時間に力を入れていて、たくさん字を書いた覚えがあります。

とめ、はね、はらい、の練習などをたくさんさせられました。

私は、あまり字が得意でなかったので、今だから言えるのですが、書道の時間は周りの皆とは違う意識で参加していました。



どういう意識だったかと言うと・・・

『習字の時間は図工の時間と一緒』

と思っていました。


字がどうやったら綺麗になるのかサッパリ解らなかったので、とりあえずお手本のマネをしようと思い付き、お手本の字を、まるで風景スケッチするかのように、見て書いていました。
 

すると、思いのほかお手本通りに書けたので、この考え方は良い!!と思いました。




小学校の頃から、図画工作の成績はとても良かったので、モノを見て書く事は得意だったからです。



他の友達は、上手く書けない事で手こずって何度も練習していましたが、私は図画工作意識で、スラスラ書いていました。



そして、ある時、私の住む地域の書道展があり、小学校高学年は皆、出品する事になりました。

何日か経って、担任の先生がホームルームの時間にホクホク顔で、このクラスから書道展に入選した生徒が居ると言いました。

金賞と銀賞を取ったらしく、先生がその生徒の名前を言いました。


『金賞は・・・○○さん!おめでとう!』

呼ばれたのは私の友人でした。


そして、次に銀賞の生徒の名前を先生が呼びました。

それは、なんと、私だったのです。



書道の時間なのに、図画工作意識で、ややずる賢い気持ちで書いた書が銀賞・・・?!


と思い、嬉しさより、何故か恥ずかしい気持ちになり、先生や友人は喜んでくれましたが、モヤモヤした気持ちでいっぱいでした。



その書道展の授賞式が市民会館みたいな所であるというので、私と友人は二人でそこへ向かいました。


会場に着くと、所狭しと壁にお習字が貼られていて、賞を取ったものには、折り紙で作られた金と銀のタグが貼られていました。


金賞も銀賞も銅賞も、複数いました。


私はその賞を取った字たちをゆっくり見ました。



賞をとった人の作品を何点か見ていると、私の友人の字だけがものすごく目に飛び込んで来ました。




その時、私は    『ああ、なるほど』    と思いました。



金賞に選ばれた友人の字はとても伸び伸びと大きくて、勢いがあり、清々しい印象でいっぱいだったのです。

お手本通りに書いた私の字は、大きさもなく、勢いもなく、ただお手本に似ているだけでした。




その時初めて私は 個性 というものを強く感じ、字を書く事も個性の表れなのだと思いました。


友人が金賞になったのは当然だと思い、自分はなんと事務的に字を書いていたんだろうと、恥ずかしくなり、授賞式から早く抜け出したいと思っていました。



それから、書道の時間にはもう図画工作意識で臨むのは止め、周りの友人たちと同じようにああでもないこうでもないと言いながら、ヘタな字を書いていました。


しかし、子供の頃の習慣は大人になっても根強く残っているもので、筆で字を書くと、小学校の頃の図画工作意識が出てくるのです。

初めに習い始めた時の気持ちは、良くも悪くもそう簡単にはなくならないのだと思いました。



だから、私は未だに字のコンプレックスがあります。

(小学校低学年の時は字の汚さ故に、漢字ノートを担任に放り投げられたりしたし・・・)


自分らしい字を書きたいなぁと思いつつ、書き癖を治せずじまいです。


でもまぁ、字は個性的でなくても、美術ならそれを挽回出来るなと、勝手に思ってはいます。




もう一つ、字を書きました。
a0249049_0494870.jpg


なるべく気持ちを込めて書きましたが、味気ないです・・・

でも、落ち葉や冬の木をイメージして書いたので、枯れ感、出してるなぁと思います。




とにかく、木版画、峠を越し、小躍りしたい気分です。
[PR]
by matsu-komichi | 2012-04-18 00:59 | 美術


『コミチ ピクトゥーラ』 油絵・写真・音楽・自然観察を楽しみながら日記のようなものを書いています。


by matsu-komichi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
ブログ
写真
音楽
美術
裁縫
料理
未分類

以前の記事

2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

フォロー中のブログ

Mimosa Garde...
タルラタンタンの銅版画日記☆
二人乗り

注意事項

komichi-pictura ブログの文章、写真、等を無断で使用する事を禁じます。

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

最新の記事

お詫び
at 2013-09-12 17:45
秋の声
at 2013-09-10 21:40
メッセージ
at 2013-09-06 18:55
名残
at 2013-08-28 21:45
もがく事、磨く事
at 2013-08-24 00:04

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧