出会い

a0249049_12521587.jpg

今日は午前中に部屋の掃除をしました。

先週まで、展覧会の事で頭がいっぱいで、今週も家の用事でバタバタしていたので、やっと綺麗な部屋になりました。

スッキリしたせいか、昔の絵も少し整理したくなり、高校生の時に描いていた絵を出してみました。

写真のような絵をよく描いていました。

丁度、朝ドラ【カーネーション】で、ほっしゃん。の登場に笑いつつ、糸ちゃんの子供が進路の事で大きな決断をするのを見て、昔の事を思い出しました。





私は、高校生の時、ものすごく大切な出会いをしました。


生涯忘れる事はない出会いです。





高校2年生の冬から、私は美術の先生に勧められた美術の予備校のような所へ通っていました。

通い始めるといろんな人の絵が見れて嬉しかったし、初めて絵を習ったので絵が上手くなるのが楽しくて仕方ありませんでした。



高校卒業後の進路も、美大へ行こうと思い、とても有意義な時間を過ごせていた、高校2年の年の初め頃。


1月7日。


夕飯を食べる為に、家の居間で、何気なく、付けられたテレビをコタツに入って見ていました。




すると、テレビ番組の上の方に白字でニュース速報が出ました。


読んでみると・・・・・・【日本の洋画家・岡本太郎氏、訃報】と書かれてありました。


私は、恥ずかしながら、岡本太郎さんの事は太陽の塔しか知らなくて、洋画家だとは知らず『へぇ~』と思っただけでした。




と、思っていた次の瞬間、バチっと画面が切り替わり、鮮やかな色使いの見たこともない油絵がテレビ画面いっぱいに映し出されました。




『!!!』・・・一瞬私は息が出来なくなりました。

それは岡本太郎さんの油絵だとアナウンサーが言っていて、我に帰りました。


抽象とも具象とも言い難いような、初めて見る油絵でした。





それ以来、私は彼のとりこになってしまいました。

高校3年になり、一番進路の事で周りがピリピリする最中、私の頭の中から進学の事が一切なくなってしまい、高校に通うという事すら頭から離れてしまい、私は朝から晩まで、家で絵を描き続けました。



当時の自分は岡本太郎さんの事をよく理解していた訳ではありません。

しかし、彼の事を考えると強烈に『絵を描かなければ!』と言う気持ちに駆られました。



そして、もうあと何日か休むと留年になるわよ、とものすごく私を心配してくれた担任の先生や友人達の言葉を聞き、我に返り、滑り込みギリギリセーフで、高校を卒業しました。

(高校の3年時の担任の先生や友人や美術の先生には、多大な迷惑をかけてしまいました・・・ごめんなさい。)

美術の先生は私の家にまで何度か来て下さって、親身に話をして下さりました。

担任の先生も友人も、皆、親身に私に接してくれました。

私は本当に良い人達に恵まれています。




そんなこんなで、高校卒業は出来たものの、駆け込み入試も全て落ち、私は浪人となりました。




浪人生活をして、やがて秋になり、進路シーズンになりました。

美術系の学校の資料を取り寄せていた時でした。




またもや、私の心にヒットするものがありました。

ある学校の教員紹介のページで



『以前、岡本太郎が芸術は爆発だと言っていました。あなたも起爆剤になりませんか?』


という文句を載せている先生が居たのです!




私は迷わず、その先生がいる学校に決めました。

そして、その学校を卒業した後の進路を大学編入にしたのですが、またまたここでもヒットする出来事がありました。





大学編入試験の小論文が!!!







『岡本太郎について述べよ』



だったのです・・・・!!!



静かな試験会場で私は、サッカーワールドカップで難しいフリーキックを決めた選手のように心の中で叫びました。



私は、試験用紙の裏側にまで、岡本太郎さんの事を書き、満ち足りた思いで、試験会場を出ました。

その帰り、一緒に帰った友人と試験の事を話していたら、友人が驚く事を言いました。



『○○ちゃん、小論文、あれ、太陽の塔の、山本太郎やったな!』




・・・・・山本・・・太郎?


私が友人の間違いを訂正すると友人は『うわー!!!私どないしよ!!!試験落ちたわ!!』



と慌てていましたが、無事、春から友人と二人で大学へ通う事になりました。

きっと試験の用紙にはちゃんと『岡本太郎』と書いていたのでしょう。




そんなこんなで、私の高校時代や、進路の思い出には必ず岡本太郎さんが居ます。



彼はフランス留学中に画廊で初めてピカソの絵を見た時に、グンと一本の大きな棒をのみ込まされたように息が出来なかった、と記述していました。



強烈な出会いを彼も若き日に体験していた事を知り、なるほどと思いました。


縁や出会いは不思議です。
[PR]
by matsu-komichi | 2012-02-04 14:13 | 美術


『コミチ ピクトゥーラ』 油絵・写真・音楽・自然観察を楽しみながら日記のようなものを書いています。


by matsu-komichi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
ブログ
写真
音楽
美術
裁縫
料理
未分類

以前の記事

2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

フォロー中のブログ

Mimosa Garde...
タルラタンタンの銅版画日記☆
二人乗り

注意事項

komichi-pictura ブログの文章、写真、等を無断で使用する事を禁じます。

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

最新の記事

お詫び
at 2013-09-12 17:45
秋の声
at 2013-09-10 21:40
メッセージ
at 2013-09-06 18:55
名残
at 2013-08-28 21:45
もがく事、磨く事
at 2013-08-24 00:04

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧